Jアラート鳴るも北朝鮮ミサイルを迎撃しない理由★知れば安心

ぱとりっくん
怖い…何をやってても集中できません…眠れないし、テレビでJアラートの音を聞いてから耳に残ってて…トラウマっぽいです…
すぱとりちゃん
北朝鮮のミサイル騒動から相当まいってるわね、ぱとりっくん…
その気持ちは分かるけど、そんなに心配しなくてもいいんだよ。
ぱとりっくん
Jアラートが鳴ったのに何でミサイルを打ち落とさなかったんですか?!
打ち落とせなかったんですか?!
すぱとりちゃん
その質問にはちゃんと答えるし、聞いてくれたら楽になるよ★

北朝鮮のミサイルが北海道の空を越えて、Jアラートが鳴ったよね。

Jアラートを鳴らすのに何でミサイルを打ち落としてくれないの?!

って怖がっているのはあなただけではないよ。

でも、状況がどうなってんのか少しでも多くの人に知ってほしいから、小学生でも分かってもらえるように噛み砕いてまとめてみるね

★関連記事はこちらをクリック↓

北朝鮮からミサイルが発射されるって本当? いつ日本に向けて発射されるのか? その威力とはどのくらいなのか...
インターネットって色んな情報をもらえるから、すっごい便利だよね! 知りたい情報をキーワード検索...

スポンサードリンク

日本に落ちないミサイルは迎撃しない

すぱとりちゃん

まず、ミサイルは「打ち落とせない」んじゃなくて「打ち落とさない」。

最初に池上彰さんの説明するシュミレーション動画がタイミングなどをざっくりと説明してくれていて分かりやすいから、ぜひ見てみて:

このケースシュミレーションでは約6:45を残すところでJアラートが鳴るとあるけど、ポイントはミサイル発射からロケットがゴゴゴーって勢い良く火を吹いてる状態が終わって(動画では第一段階と呼ばれるもの)から、ミサイル放物線のてっぺん付近から!

ここまではまだどこに落ちるのか正確に分かっていなかったけど、てっぺんを越えるあたりから絞込みができるようになるんだよ★

Jアラートを鳴らしてもまだ迎撃はしない

ちょっと下の図を見てみてね

「日本に落ちないミサイルは迎撃しない」でも言っているけど、ミサイルの軌道(きどう)が半円を描くようにして日本に向かっているというイメージだよ。

「赤い点線」がミサイルのきどうね。

注目はその赤い点線の一番高いてっぺんの所。

てっぺんを越えるところから落下地点を割り出すまでにもう少しだけ時間がかかるけど、日本に住む人たちの安全を守るためにもココでJアラートを鳴らさないと

万が一でも見逃すことのないようにしないといけないからてっぺんで鳴らす。

だからこの段階ではかなり広い地域が避難の対象となるんだね★

てっぺんに来るあたりでミサイルの動力となるロケット部分が切り離されるけど、Jアラートが鳴ってくれれば切り離されて落ちてくる金属とかもよけることができるよね。

早めにアラートが鳴れば少しでも安全なところに避難できる!

だからアラートには感謝して、素直に素早く地下や頑丈な建物に避難するべきだと思うんだ。

スポンサードリンク

落下予測地点が絞り込まれ迎撃ミサイル発射

てっぺんを越えて、Jアラートが鳴って、落ちてくるところが日本である可能性がすごく高いと分かったら、そこで初めて迎撃ミサイルがイージス艦というでっかい船から発射されるんだよ!

狙える距離も500キロメートルと範囲が超広い!

迎撃ミサイルは北朝鮮のミサイルから出る熱を感じ取って追いかけてくれるんだよ。

さらにそこから2段構えでミサイル迎撃システムってのはあるから鉄壁の守り。

めっちゃかしこいテクノロジーを使ってるんだから★

ミサイルを打ち落とすにはすごいテクノロジーが必要いるよね…ただ単に打ち出すよりもそれを打ち落とすほうが難しいよ、そりゃ。

そんなテクノロジーを持ってる日本!北朝鮮のミサイルが落ちる場所ってのは迎撃ミサイルを撃つまでに日本に落ちるかどうか位は計算できるんだよ。

だからJアラートは落下物とかから身を守るために先に鳴っちゃうけど、迎撃ミサイルは結局撃たれませんでしたっていう状態になるのも不思議じゃないってこと!

迎撃されても核爆発は起きない

もひとつ脅威なのは、核とか積んでるミサイルを打ち落とすなんてことしちゃって、大爆発しちゃわないかってこと。

核兵爆発って正確に爆縮というプロセスを踏まないと起きないものだから、大丈夫なんだよ!

そうじゃないと迎撃なんてもともと準備しないし、他の事やって備えるのが道理じゃない。

日本は核兵器の被害を受けた唯一の国。

核に対する研究はすごく進んでいるんだよ。

まとめ

北朝鮮のミサイルは打ち落とせないんじゃなくて落ち落とさなかったということ。
なぜなら日本にいる人たちに被害がないと計算されていたから。

ではなぜJアラートがなったのか、これはミサイルのロケットなど金属が振ってくる前にアラートがなっておけば避けられる被害をくい止めることができるから。

Jアラートが鳴ってから少しの間にミサイルが落ちるところが絞り込まれ、そこから迎撃ミサイルが発射される。

日本にいる人たちに危害があるという可能性がとっても高いということが判明して初めて迎撃ミサイル発射!

ほんの数分の出来事だけど、迎撃ミサイルを撃つということはすごくすごく慎重に決めないといけないこと。

その判断をするための勉強や訓練を日夜頑張っている大人たちが集まってわたしたちを守ってくれているんだよ!

信じて目の前のことに集中して、自分たちも他の人の役に立てるようにするのが日本人としてのチームワークなんじゃないかな!

あと核ミサイルは空中で迎撃しても核爆発は起こさないから心配はしなくても大丈夫だよ。

放射能汚染などの情報はJアラートでチェックして、指示に従って建物に非難することで回避できるよ。

ぱとりっくん
そうだね!前にも北朝鮮のミサイルのことで励まされたけど、もっとチームのみんなを信じる気持ちをもたなくちゃいけないよね!
すぱとりちゃん
素直で前向きなぱとりっくんがビビってるぱとりっくんより全然魅力的だもんね★きちんと寝ないと美容にもよくないし♥
ぱとりっくん
僕みたいに怖がってた人にシェアして、安心して寝てもらうよ!

ここまで読んでくれたあなた!

どうもありがとうございました★

関連記事は以下をクリック↓

北朝鮮からミサイルが発射されるって本当? いつ日本に向けて発射されるのか? その威力とはどのくらいなのか...
インターネットって色んな情報をもらえるから、すっごい便利だよね! 知りたい情報をキーワード検索...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする