桐生祥秀選手の10秒切りは運命的なものだった!

すぱとりちゃん
これまで日本人では前人未到だった100メートル10秒切り、ついに桐生祥秀選手が達成しちゃったわね!
ぱとりっくん
あ、武井壮さんのツイートで知ったんですけど、熱いニュースですよね。
すぱとりちゃん
その桐生選手、今回の新記録達成には運命的なものを感じちゃうのよね!
ぱとりっくん
どういうことなのか教えてください。

ついに日本人が100メートルを10秒切る日がやってきたね!

わたしたちも進化を続けてるってことよねー!

聞いてて嬉しいし、わたしも頑張んないと♥
(ง `ω´)۶

今回は桐生選手の10秒切りが運命だったと裏付ける2つの理由をまとめてみたよ★

スポンサードリンク

理由1・桐生選手のゼッケン番号998が運命的

高校最後のインターハイでつけていたゼッケン番号が998!

10秒を切ったときに出した記録も9.98秒!

こんな偶然、よく見つけたなと驚かされたけど…。

この4年前の時って、桐生選手は予選で10秒19って記録を出してるんだよ。

動画をみると分かるんだけど、予選ということもあって少し流してる感じでゴールしてるんだよ。

大事な大一番ともなると、ゴール前で胸を突き出して少しでもタイムが縮むようにするじゃない?

でも上体はまっすぐのままでゴール!

もしゴール前で状態を前傾させてたらこの時に9.98秒って記録が出てたかも知れないよね★

(予選だから余計な力が抜けていい記録が出たという考え方もあるか)

高校生の時からすごい選手だったのは4年前の映像からもよく分かるけど、そんな才能あふれる選手でもコンマ21秒を縮めるのに4年かかっている。

トップにいくとホントにわずかな差が明暗を分けるんだってのがよーく分かるね!

すぱとりちゃん
ねっ!運命でしょ?
ぱとりっくん
まさかこれだけで運命だと言っているのですか、すぱとりちゃん…?
すぱとりちゃん
そ、そんなわけ…ないじゃん?!

スポンサードリンク

桐生祥秀(きりゅうよしひで)という名前が運命的

わたしがよく参考にさせてもらってる姓名判断の「名前でわかる裏性格」というサイトがあるんだけど、そこで桐生選手の名前を占ってみたところ思わず頷いてしまう運命的な内容が出てきたわッ!

ジェット桐生とも呼ばれる桐生選手の姓名判断の結果をまとめるとー…!

「努力で難関を超えていける人!」だって!

とても努力家で、その努力家なところが名前にも表れているようす★
自分でも努力して結果を勝ち取った時の瞬間が大好物。
でも頑張りすぎて無理をしてしまわないように気を付けないといけないよ!
怪我なんかも気を付けないとね!って内容。

桐生選手は砲丸投げのレジェンド、室伏広治選手から指導を受けて足の筋肉の超細かい部分を柔らかくするように鍛えたりしてたのはすごくスマートよね★
これは足の機能性を上げるのと同時に怪我の対策にもなっているんだってよ。

そんな桐生選手の裏性格はー…

「しっかりした判断ができる人」だって!

頑張るだけじゃなくて、しっかり頭も使ってトレーニングしてる桐生選手。
更なる記録を出してくれると思うな★

ぱとりっくん
やっぱりちょっと運命的だというには弱いような気がしますねー…僕は姓名判断の「頑張り屋さん」のくだりを見ていると、運命というより必然だと感じましたよ。
すぱとりちゃん
まあ、女脳と男脳とで見方が違うってことにしときましょうよ!わたしはシンプルに桐生選手をお祝いしたかっただけなんだから★
ぱとりっくん
あ、すみません。面倒くさいこと言っちゃいましたかねw
しまった、しまったw
兎にも角にも日本人の壁を破ってくれた桐生選手、おめでとうございます♠

ここまでよんでくださったあなた!

どうもありがとうございました★

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする